業務連絡

研修会・相談会 等

現在ご案内中の研修会・相談会 等
  • WISC-Ⅳ知能検査 会場での自主練習・対面式実施実習・実施場面見学(2018年12月26日他 開催)
特別支援教室巡回相談心理士の業務に就きたい方へ向けた研修
下記のページでご案内しています。


業務報告について

①学校における業務報告
  • 学校での1回の巡回相談のたびに、学校において「勤務実績簿」に記入し、捺印ください。
  • 業務時間は端数を切り捨てとして、整数値を記入してください。
  • 印鑑を必ず持参してください。(シャチハタではないものを求められる場合もあります)。
  • 「勤務実績簿」は、学校 → 区市町村 → 都 へ報告されます。
②推進本部への報告
  • 各心理士は推進本部に対し、業務終了の報告として「特別支援教室巡回相談心理士業務報告書」を月末までに必ずメール添付にて提出してください。

    (月末まで待たずに、業務終了の都度お送りいただいて構いません)

  • 1回の巡回ごとに1ファイルを作成ください。同じ月に2回訪問した場合は2ファイル提出してください。
  • 送付時は、1つのメールに複数のファイルを添付していただいて構いません。
  • 学校名に数字が入る場合は、漢数字でご記入ください。(例:第一小学校)
使用する様式 こちらのファイルをダウンロードください
業務報告書【小学校用】
(ファイル名:gyoumu30syou.xlsx)
業務報告書【中学校用】
(ファイル名:gyoumu30chuu.xlsx)
提出先  (専用 E-Mail)
提出タイミング 学校ごとに、その月の巡回日が終了しましたら、月末までにお送りください。
報告ルール1 【メールの件名】
  右記項目を件名にしてください「ID  名前  月」
(例)0501  山田太郎  4月
報告ルール2 【添付するファイル名】
  右記項目をファイル名にしてください「ID  名前  学校名  月日」
(例)0501  山田太郎  青空小学校  4月10日
ご注意
①の勤務実績簿と②の業務報告書の業務日・業務時間は必ず同一の報告としてください。
学校にて勤務実績簿を記入した際に、携帯電話で写真に撮るなど、各自工夫をお願いします。


交通費請求について

交通費については、以下のような規定となっています。該当の方のみ、申請書をご提出ください。
詳しくは、下記の「旅費交通費支払い規定」にてご確認ください。
  • 業務担当校までの交通費が往復3,000円までは、巡回相談の報酬に含まれる。
  • 業務担当校までの交通費が往復3,000円を超えた場合に、超えた分を支払う。
  • 3,000円を超えた場合は、1回目の勤務ののち、申請書を推進本部に提出する。
    2回目以降の勤務では、本人からの申告がない限り、1回目と同じ金額を支払う。
  • 飛行機を利用の場合は、1回の訪問ごとに領収書を添えて申請書を提出する。
  • 業務担当校が、自宅から遠距離(100キロ以上)である場合、申請があれば、前泊か後泊の宿泊費を支払う。
    領収書を添えて申請書を提出する。
旅費交通費支払い規定 こちらのファイルをダウンロードください
(ファイル名:koutuuhikitei30.pdf)
推進本部への申請
使用する様式 こちらのファイルをダウンロードください

※往復 3,000円を超える方のみ、ご提出ください。

交通費申請書
(ファイル名:koutuu30.xlsx)
交通費+宿泊費申請
(ファイル名:syukuhaku30.xlsx)
提出先  (専用 E-Mail)
報告ルール1 【メールの件名】
  右記項目を件名にしてください「ID  名前  学校名  交通費」
(例)0501  山田太郎  青空小学校  交通費
【宿泊費ありのメールの件名】
  右記項目を件名にしてください「ID  名前  学校名  月  宿泊費」
(例)0501  山田太郎  青空小学校  5月  宿泊費
報告ルール2 【添付するファイル名】
  右記項目をファイル名にしてください「ID  名前  学校名  交通費」
(例)0501  山田太郎  青空小学校  交通費
【宿泊費ありのファイル名】
  右記項目を件名にしてください「ID  名前  学校名  月日  宿泊費」
(例)0501  山田太郎  青空小学校  5月10日  宿泊費


マイページ登録について

巡回相談心理士の皆さまの各種情報は、インターネット上に設置したデータベース「SPIRAL」を利用して管理していきます。

※取得した個人情報はあらかじめ特定された目的以外には利用しません。

マイページログインURL
https://area31.smp.ne.jp/area/p/mdlg6lhtcn3nhlat9/0EoGjb/login.html
概要と目的
  • IDは0(ゼロ)から始まる4ケタの数字です。
  • 初期パスワードは各資格の登録番号です。
    (複数お持ちの方は、臨床発達心理士・特別支援教育士・学校心理士の順に優先)
  • SPIRALは、(株)パイプドビッツ社提供のデータベースで、Webアプリケーション診断で、最高レベル「AAA」の評価を得ており、セキュリティには問題ありません。
    ※参考 ⇒ パイプドビッツ社「セキュリティについて」
  • 個人の情報に変更が生じた場合は、各自でログインをして更新してください。
    そうしていただくことで、常に最新の情報での運営が可能となります。
その他 注意事項・対処法等
  • ログインはできるが、入力ができない

    ⇒ 情報ページの上部にある「登録情報の変更はこちら」をクリックしてください。

  • パスワードエラー(8文字以上)にひっかかってしまう。

    ⇒ 情報ページのパスワードの項目は、何も入力しないでください。
    (●●●●● と表示されていると思います。そこは書き変えないでください)
    パスワードを変更したい場合は、条件に沿って入力してください。

  • 登録をしたが、情報が更新されていない。

    ⇒ 「送信」ボタンを押していないことが考えられます。
    入力後、「確認する」を押して内容確認後、「送信」を押してください。
    完了ページが表示されましたら、登録は完了しています。

  • 振込口座にゆうちょ銀行を使いたい。

    ⇒ 以下のように入力してください。
    金融機関コード  = 9900
    金融機関名  = ゆうちょ銀行
    本支店コード  = 店番(008など)
    本支店名  = 店名(〇〇八など)
    口座番号  = 7ケタの数字

    通帳を開いたときに上部にある「記号」「番号」は使いません。
    下部に印字されている「この口座を他金融機関からの振込の受取口座として利用される・・・」と記載のある部分の情報を入力してください